マンション購入時に周辺の公図と謄本を見ておく

住宅地図が配られることがあります。主に町内のことを記しているものです。一戸建てに住んでいる場合は、自分の住んでいるところに自分の名前が記載されています。大きな建物の場合はそのビルの名前などが書かれています。細い道なども記載されていますから、行き止まりになっている事もわかります。基本的には住んでいる人であったり、商店の名称などが書かれているのですが、実際の地主は誰なのかについては謄本などを見ないとわかりません。

更には、その土地の区画についても住宅地図ではわからないことがあります。大きな区画に小さな建物が建てられていることがあるからです。もし区画が大きく、その土地が売却されたとしたらどうなるかです。その隣のマンションを購入しようとする場合、その土地の用途が気になることになります。それであれば、事前に調べておくようにします。それが分かる資料としては、公図と呼ばれるものがあります。法務局に行くと見ることができます。

法務局では公図以外に謄本も見ることができます。その土地の所有者がわかるのです。公図では分けられていても、それぞれが同じ所有者となれば、一気に売却される可能性が出てきます。高い建物が建てられるかもしれないのです。

Copyright (C)2017分譲マンションは楽できれい.All rights reserved.