マンションは、利便性と管理体制が重要です。

欧米でマンションは、豪邸のことですが、日本では庶民の住宅です。かつては団地が集合住宅の代名詞でしたが、今は、アパートとマンションが大半です。マンションの良いところは、管理体制がしっかりしているところです。管理人が常駐か通いでいますから、敷地内の掃除や宅配物の預かりをしてくれます。住人からの苦情も受け付けてくれますから心強いです。マンションは、利便性が重要視されますから、駅からの交通の便が良いことが大切です。分譲物件ならば、資産価値を左右する条件の一つになります。駅前のマンションが良いかと言えば、子供がいる世代の場合、環境面で心配があります。学校の有無や、公園などの設備の充実を考慮に入れる必要があります。環境と利便性のどちらをとるかは、家族構成によります。

マンションは、賃貸にしろ分譲にしろ、家族構成の変化に伴って住み替えやリフォームがしやすい利点があります。4LDKから2LDKへ住み替える、3LDKから2LDKへリフォームするなどして、環境を整えていくことができます。戸建てですと、歳をとるにつれて、二階が荷物置き場になってしまうなどの弊害が出ますが、マンションなら無駄がありません。

少子高齢化が進む日本では、戸建てよりマンションの方が住みやすいと言えるでしょう。管理体制と利便性を考えて、良いマンションを選びましょう。

おすすめ!

Copyright (C)2017分譲マンションは楽できれい.All rights reserved.